どうしたものか…その後。

この前、免許証がコロナ禍の消毒液でハゲちょびんになったらしい件。近くの警察署に行ってきたら、これは再交付になってしまい、ここじゃできないので、と大宮のソニックシティ4階にある(再交付.国外運転免許センター)で手続きしてくださいね。とのことで行ってきました。

f:id:momiichi2020:20210223085800j:image

申請書書いて古い免許証と提出。手数料が2,250円。申請書に貼る証明写真が800円程かかりました。

身分証は一応パスポートを持って行ったのですが、勤務先の社員証が写真付きで発行日の記載もあったからそれで大丈夫との事。その他マイナンバーカードや写真付きの住民基本台帳カードとかでも大丈夫みたいです。

窓口に提出し、再交付の理由を聞かれて多分コロナ禍で、各地に置かれている消毒液が悪さして汚損したのじゃないか?私もこんなの初めてなんで…と答えたらすんなり受理されました。結構多いのかな?

免許証に貼る写真撮影など込みで20分くらいで再交付されました。意外と早かったです。

f:id:momiichi2020:20210223090448j:image

 

埼玉県では、再交付は大宮ソニックシティ鴻巣の免許センターの2箇所しかできないそうですね。

 

同じような事象の方、ご参考までに。

 

ひっそり臨時。ありがとさよなら。185

2021.2.13.23時過ぎに福島県沖を震源とする地震東北新幹線の設備に被害が出て、東京から那須塩原以北に新幹線が運転できなくなってしまい、東京から東北地方各地に航空機が臨時設定されたり、高速バスが追加運転されたりしています。

 

私はたまたま翌日14日、腰の療養を兼ねて久喜市にある温泉に行こうと大宮で東北本線に乗り換えの為コンコースで乗り換え案内をみていたら、那須塩原行きの臨時快速電車が走ると放送があり、停車駅は小山、宇都宮、那須塩原の新幹線停車駅。どうせ北に向かうのだし、小山でトンボ返りすれば良いなと思い、到着ホームに降りたら人の姿はなく駅員さんが2.3人「那須塩原行きですが小山と宇都宮しか停まりませんが宜しいでしょうか?」と旅客案内にまわっていました。

 

5両編成と表示されていたので185か房総のE257だなと到着を待っていたら185の5連がやってきました。

f:id:momiichi2020:20210218220513j:image

この電車に乗るのは考えてみると中学生の時、仲間と大廻り乗車で品川から185の間合い鈍行をわざわざ調べての乗車以来。

マニアが沢山いたらスルーしようと思ったのですが空気を乗せて到着。急遽運転されてマニアに知られる前に上野を出てきたようです。

 

 

f:id:momiichi2020:20210219211749j:image

トッキュウデンシャではなく、急行って雰囲気のデッキ。

くずもの入れ おす

の表示が泣かせるぜ。

 

f:id:momiichi2020:20210219211943j:image

f:id:momiichi2020:20210219212009j:image

使いづらい洗面台。水栓はどうしてこのタイプなんだ?と子供の頃からの疑問だったけど、出しっぱなしを防ぐためとつい最近知った。ほんとかしら?

トイレの表示は田町車両センターとか?田町電車区を期待したけど既にチタはこの世に存在しないらしい。

f:id:momiichi2020:20210219212706j:image

f:id:momiichi2020:20210219212753j:image

f:id:momiichi2020:20210219213208j:image

座席はリクライニングするものに取り替えてありますけど、オリジナルのこげ茶の転換クロスとカーテンは緑じゃなかったかしら?

窓が開くからロールカーテンまで装備されていて、結構金かかっているのだよね。

デッキの仕切りはこれじゃなかったような。

仕切り扉は新幹線以外では在来線車両では185から自動になったんですよね。

 

昔の内装デザインの方が品があったと個人的見解。

f:id:momiichi2020:20210219213737j:image

 

この電車って、ぼったくりトッキュウとか散々言われたけど品があって好きなデザインでした。3月で踊り子号がら撤退して、しばらく波動輸送についたのち引退が決定。

もとより葬式鉄はやらないから、これがお別れになりますね。

 

小山まで40分くらいほぼ貸切の車内を楽しみ、トンボ返りで温泉に向かいました。

 

-追記-

後で知ったのですが、この電車は那須塩原から折り返しも新幹線代行快速で上野まで走り、マニアでごった返したとか…

 

ネットのニュースで鉄オタがまた顰蹙をかったとアップされてますね。

実際上野到着の様子をYouTuberのスーツ氏が取り上げいて沢山のマニアに混じった少なからずいた一般旅客がヘキヘキしていて…なんて紹介したましたし

車掌氏もマニアに向けて注意喚起のアナウンスをしたくらいだそうです。

 

私のやった事も偶然とはいえ同類ですし、批判できる立場ではないけど、今回の列車の本来の目的は不通の新幹線の救済で、マニアが楽しむ為のイベントでは無かったはず。

 

もっとも、那須塩原までは新幹線が動いていたから走らせる意味がなかったという声も散見しますけど、交通機関は輸送を確保するという使命があって、そこに基づいて設定された列車です。

鉄道だけではなく、飛行機やバスも協力して不通区間の輸送を確保しようとしています。

 

少し前に栗橋駅で火災。東北本線が不通になり、私の勤務先にもバス代行要請があり、結局空振りに終わりましたけど、交通機関はそこまで準備して輸送を確保しようとしています。

ネタがキタ–なんて集まるのではなく、何のために走ったのか、電車が好きなら是非とも考えていただきたいなと思います。

 

コロナ禍で、なんでマニアが嫌われるのか、原因が鮮明に炙り出されちゃいました。

 

 

 

野焼き

f:id:momiichi2020:20210217214926j:image

ひょんな事から荒川の河川敷の野焼き作業の仲間に混ぜていただきました。

 

カメラ愛好者が結構撮影に来ていて、地元の風物詩になっているみたいです。

 

土手の上から眺めているギャラリーも多かったですね。

 

f:id:momiichi2020:20210218041155j:image

草ボウボウの休耕田があっという間に綺麗な?焼け野原になって行く姿は見事です。

 

f:id:momiichi2020:20210218041640j:image

燃え盛る火を見ると、物凄く興奮するといいますか、ストレス発散といいますか。感動と興奮を覚えました。

ふとむしゃくしゃして放火した。なんてバカはここに来て一緒にやりゃいいのに…

 

と思ったりして。

 

生まれて初めての経験でした。

機会をくださった皆様ありがとうございます。

 

 

どうしたものか…

 

f:id:momiichi2020:20210211215218j:image

私の運転免許証、一応ゴールドなんですけど… 

 

有効期限がはげちょびんになっています。

個人情報保護で加工した訳ではないです。

加工は青色の部分です。

 

銀行の窓口証明書かわりに見せたらお姉さん困り顔で上役にもって行き、

 

保険証かパスポートお持ちですか?

 

たまたま保険証があったからみせて事なきを得ました。

 

私だけかしら?と思ったら同じ事が同僚にも起こっていて、どうやら最近のコロナ禍で手先の消毒用アルコールが悪さをしているようだと。

 

私は免許証を昔の磁気定期券用のパスケースに入れていて、指が触れるところが丁度ゴールドの有名期限記載部分なので、どんどんはげちょびんになっているみたい。

 

今までこんな現象はなかったから、正直戸惑っています。

 

もっとも免許証にアルコールが触れるなんて想定して無いでしょうし、むしろあってはならん。

 

警察署行って再発行してもらお…

 

 

 

鬼滅アクセスで笑う。

現在、はてなブログを使用してブログを書かせていただいておりますが、書いている割に反響は無頓着でアクセスがどの程度なのかって知りませんでした。

 

てか、アクセス解析ができる機能も正直使い方が良くわからないままでしたが、ふとアクセス解析を見てみたら結構読まれているんですね。大体20から30ぐらい。これが有名な人だったらアクセスはとんでもないレベルなんでしょうけど。

f:id:momiichi2020:20210209085239p:image

 

アクセス解析のスクショを貼り付けますが、ふとみてみたらアクセス数が桁違いの日があってよくよく調べてみたら鬼滅の刃をさんざんdisったブログを書いた日。

 

やっぱネットの力っておそろしい…

 

話題の鬼滅で私の過疎ブログも検索に引っかかって見つけやすくなっちゃったんでしょうね。 

 

このタイトルも鬼滅で引っかかるでしょうからまたアクセス増えるかなぁ…

 

なんだかおかしくて、笑っちゃいました。

 

銀座天龍のお話し

京橋や有楽町、鍛冶橋にほど近い銀座一丁目にある大きな餃子で有名な銀座天龍という昭和24年創業の中華料理店があるのですけど、私の家は祖父の代からずっと通っております。

私にとって不思議な縁を持つお店なんですが…

f:id:momiichi2020:20210209005448j:image

天龍という関取が始めた中華料理店なんだそうですが、第二次世界大戦時代に満州で相撲の普及のために赴任されていた天龍関が終戦後帰国して銀座一丁目で始めたという経緯があるそうです。

 

大相撲からプロレス等で活躍された天龍源一郎さんとは違う方です。

 

祖父が何故銀座天龍に通うようになったかはわからないのですが、祖父も第二次世界大戦では関東軍満州に出征し、シベリア抑留後帰国し、福島で始めた洋服店で取引のあった東京の問屋さんの紹介なんじゃないか?って話しを聞いたことあります。

 

祖父は生前、

「天龍にいくと入り口で太った満人が座っていて(祖父は中国の方を満人と言っていた)いらっしゃーいと迎えてくれたんだよ。」

と話していました。おそらくその方は満人ではなく天龍関御本人だったのかもしれないですが、定かではありません。

 

父も祖父に天龍に連れられて、名物の大きな餃子のファンになったみたいです。

そして父が結婚前に母と交際していた際に東京と福島との遠距離交際だったそうですが、東京の父は毎週天龍の餃子をお土産に福島の母に会いに行ったという話し。

 

あの大きな餃子は私も子供の頃から食べています。

 

最近は子供の頃より大きくなったんじゃないかしら?って思うんですけど、自分が歳をとって食が細くなったせいかもしれないです。

 

そして自分がカミさんと結婚する際、また衝撃的な事実が判明すると言う…

 

それについてはまた機会があれば。