台風前に落水の段取り。

5月21日に田植えした田んぼですが、穂が出揃ってきました。

丁度台風8号接近中。田んぼから水が溢れないように、このタイミングで落水開始してみます。


実るほど、頭を垂れる稲穂かな…


その一週間遅れの田んぼ。

こちらはもう少し水を入れておくか…


明日が大安だから、明日を出穂としましょう。


今年から稲刈りバインダーを入れる都合、下を固める段取りも必要で、何気に気を使うポイントは多いですね。


田んぼは本当奥が深いです。

信州よりパート2

先週に引き続き、信州より田植え機がやってまいりました。

東御市の農機具店。ありがとうございます。

またエブリィに乗せて。笑


せっかく信州迄足を運んだので、少し観光をば。

やたらと撮り鉄がいるなと思ったらこの電車の交換相手がJR東日本のクルーズトレイン四季島の回送で、撮影ポイントにテツだかりができてました。まあ、四季島が松本方面に通過後、一瞬で撮り鉄達は消えましたけど。笑


日本三大車窓のひとつ、姨捨駅からの善光寺平。何時も見事ですね。

今年は善光寺さんの前立本尊ご開帳だったんですね。少し遅くなってしまいましたが、お参りしてきました。

長野に単身赴任?時代によく通っていた吉田の戸和食堂。20年ぶりに行ってみた。


全然変わってなくて、値段もそのままだった。


お味噌汁が絶品なんです。久しぶりにソースカツ丼を食べた。700円でかなりのボリューム。おすすめですが写真を撮るの忘れた。


田んぼ用に借りたコンテナ倉庫に空きが出て、格納場所もなんとか目処がついてホッとしました。

先程無事入庫。

農家にある納屋兼作業場みたいな場所が欲しいななんて本気で考えてはじめちゃいます。笑。




2枚目田んぼも出穂です。

今年から作付けさせていただいた田んぼも穂が出始めました。

こちらの圃場に植えた苗は、種蒔きの時期を先に出穂した田んぼの苗より一週間ほどずらしてあります。


出穂もほぼ一週間遅れでした。


穂ばらみ期とはよく言ったもので、茎の中にこれから出穂する穂を抱えています。

元気に出穂しますように。




田んぼに信州から助っ人。

千葉で2畝足らずの小さな田んぼを鍬で耕し、足でぐちゃぐちゃに踏みならして代掻きしながらはじめたしまづん田んぼも早くも6回目。途中コロナ禍や腰の手術、さいたまでの作付け開始等を経て、面積も徐々に増えてきました。

腰の持病や体力。作業の効率化等を鑑みて少しずつできる範囲で機械を導入していく事にしました。

信州より稲刈り機のバインダーがやってきました。

かなり年代ものですが、丁寧に使われていたらしく、綺麗に整備され、エンジンも一発始動。調子も良さそうです。

今の時代、この界隈では稲刈り機はコンバインが主流派なんでしょうが、大型機は私のような人間はかえって持て余してしまいます。

何より置き場がありませんし。

以前から探していた中古のバインダーですが、なかなか近所でこれ!って言うものがなく、信州なら小さな棚田で作付けされている方が多そうだから、こんな小型の機械も豊富にあるのでは?と、思いきって探してみたら案外すぐご縁ががありました。


今年の稲刈りからデビューですね。

穂が出始めました。

今年もトリさん避けにキラキラテープを張りました。

ついで少し除草したら、

オモダカの花芽ってはじめて見た。こいつもどこか稲に似てるなぁと…

農業大学校に通うカミさんがこんな研修受けてきた。嬉々として見せにきた終了証書。


思わず笑ってしまったけど、アライグマの被害はかなり深刻。


田んぼの中干し

今シーズンから田んぼの中干しを実践してみました。




中干しのタイミング的には遅かったようですが、来季に向けてのデータとりや溝切りの習熟。周囲の田んぼとの兼ね合い等いろいろ観察しながら、うすらぼんやりイメージができたかな?なんて思います。

毎年、状況は変化するし、田んぼや稲や自然環境がこんなんなったらこうすりゃいいのかな的な。

明確な解答ってなさそうですが、稲と向き合って、観察して常に見守る的なことが重要なんでしょうね。


その積み重ね


あー奥が深くてまさに沼。


中干しできたのかな?って疑問を抱えたまんま思い切って水を入れた数日後に待望の穂が出てきました。この姿を見るとホッとしますね。

穂が出揃ってから40日くらいを稲刈りの目安にしています。


楽しみですね。

珍しく仕事の話し。

先日、路線バス乗務中の話し。

ある折り返し場からJRの駅までのバスの運行。

途中、市営住宅や老人ホームが点在する路線のためか、お年寄りの利用が多い路線。

てか、高齢化社会のため、どのバス路線もお年寄りはたくさん乗車なんだけど。


並行して、自治体のコミュニティーバスもはしり、コミュニティーバスについては100円均一だったり乗り継ぎ券で乗れたりするからお年寄りの利用に拍車がかかる。


折り返し場を発車して、市営住宅近くでおばあちゃんをひとりおろしたんだけど、正規の運賃支払わず、コミュニティーバスの乗り継ぎ券を運賃箱に投入。


このバスはコミュニティーバスじゃないからコミュニティーバスの乗り継ぎ券じゃのれないよ。と正規の料金を支払ってもらうまで、かなりすったもんだして、なんとか降ろした。


かなり耄碌されてるみたいだったけど、まぁばあちゃんにとってはコミュニティーバスや路線バスの違いなんて説明してもあまりピンと来ないだろうし、うちに帰るのにバスに乗れりゃいい訳だろうから、逆になんでおんなじとこ走るバスにいろんな運賃があんのか説明するのもアホらしくなって、


いっそのこと都市交通はタダでよくね?


なんて思っちゃったりして。


今、MaaSとかいうシステムの研究が進んでいるとか。


私の勤務しているバス会社も金額式のICカード定期券で設定金額内なら会社線内乗り降り自由。


それを他社線や鉄道バス等に広げて使えるようにするって言うのがMaaSとかいうらしい。


こんなシステム完成したらばあちゃんも私に怒られずにバスで家に帰る事ができるでしょうね。笑


実は突飛な話しだけど、私は都市交通機関は社会インフラで無料で良い派だったりする。


夢また夢だろうけど。


あ、マースのスペル間違えてたから直した。笑



お墓参りinふぐすま

両親のリクエストで、福島にお墓参りの引率。

ハハは免許返納。チチはクルマの運転は卒業したので、私が運転し、茨城県の県境にほど近いうちが檀家になっている寺の墓地に。


久しぶりの墓参だから二人とも手入れにも熱がが入ってました。

またコロナが増えてきてお盆は無理そうだから丁度良いタイミングだったのかなぁ…


もっとも私も仕事でむりめ。


実家に持って行ったバケツ稲。ハハがまめに面倒見てます。なかなか快調。